• 理念
  • ご挨拶
  • 法人概要
  • お問い合せ
  • アクセスマップ

ブログ

ブログ

囲碁ボランティア!!

2017年12月12日 カテゴリー:未分類

一気に冬の寒さ到来してバイク通勤には堪える時期になって参りました(-_-;)

 

しかしそんな中、12月7日(木)囲碁のボランティアにご近隣の

 

野口様にお越しいただき対局していただきました。

 

 

 

IMG_2890
さーてどちらが勝つのか!

IMG_2891
 

IMG_2892
入居者様も本当にご満悦 :lol:
 

17時過ぎまで対局していただきました。

 

野口様本当にありがとうございました!

 

また是非お越しください。

 

ピオニーガーデンで消防講義を実施

2017年12月12日 カテゴリー:ピオニーガーデン, ライターUのみゆき探訪

先日の御幸病院に続き、12月8日、ピオニーガーデンでも消防講義を開催しました。今回はピオニーガーデンと富貴苑より55名のご入居者が参加。南消防署指導課予防班消防司令・米村修様にお越しいただき、『救命救急・非常時などの知識、突然の災害に応じた防災・減災の考え方』についてご講話いただきました。

日本は、自然災害の多い国ではなんと世界第4位だといいます。地震、水害…いつ自分の身に降りかかるか分からない災害に対し、備えは万全にしておきたいものですね。

講義はまず、災害時の心構えからスタートしました。パニックは、群衆パニックと個人パニックの2種類に分かれます。『目の前に危険がある』『助かる方法が少ない』『コミュニケーションがない』という3つの要素が重なると人は群衆パニックに陥るそうです。これを回避するには、『不安を高めないこと』『パニックのきっかけ(急に大声を出す・走り出すなど)を作らないこと』『リーダーを作り統率すること』が必要なのだそうです。

さらにパニック状態では、その先に危険があるかどうかを確認しないままいつもの通路や階段を使ってしまいます。米村さんからは「常日頃からたまには別の道を歩いたり、違う階段を使ったりしてみてください」とのアドバイスがありました。

その後、職員らがモデルとなり、搬送法の実技指導を行いました。毛布を使った救助では握りやすいよう毛布の端を丸めることや、意識のない人を女性ひとりで安全な場所に連れていく方法、意識はあるが足を負傷して歩けない人をふたりで抱えて移動させる方法などを実際に職員が行い、ご入居者の皆さんに見学していただきました。

最後に「非常ベルが鳴ったら、適度に不安がって素早い行動をとってください。ベルの故障ならそれでもいい。他の人が動いていなくても部屋から逃げる準備を行ってほしい」と締めくくり、講義は終了しました。

ご入居者の男性は、「とてもためになりました。これからも防災の知識をしっかり持って暮らしていきたいですね」と話していました。

1

「頭の中で色んな想像をするところから始めてください」と話される南消防署の米村さん



2

熱心に聞かれている皆さん。熊本地震を思い出しておられるのでしょうか…



3

毛布を担架代わりにして救助する場合の注意点は“端を丸めること”



4

意識のない人は腕を引っ張ってもバンザイしてしまうので、握った手が外れてしまいます。片腕を曲げさせ、助ける人が腕の間から手を入れて、反対の手で手首を持つ。これは消防士の方が行う方法だそうです



5

ふたりで足を負傷した人を救助する方法。自分の左手首を握り、相手と向かい合って相手の手を握り、人を乗せます

御幸病院で消防訓練を行いました

2017年12月11日 カテゴリー:ライターUのみゆき探訪, 御幸病院

御幸病院では、年に2回の消防訓練を行っています。12月7日、今年最後となる消防訓練を実施しました。

今回の訓練は、夜間における火災発生時の通報及び入院患者の避難誘導などの要領を訓練し、有事における対処能力の向上を図ることが目的です。

出火場所は北2病棟の一室と想定。ヘルメットを被った病棟看護師らが出火場所を捜して発見、消火器を放射しますが鎮火失敗。即時、出火室に近い北2病棟と南2病棟の患者さんの避難誘導を開始します。

模擬患者役の職員が待機している病室へ駆けつけ、毛布や車椅子、または手を引いて非常階段へ誘導します。事務室前に全員避難したという設定で、避難患者の点呼、人員、病状、怪我などの確認を行った後、各病棟のリーダーが夜間自衛消防隊長(警備員)にその旨を報告し、30分ほどで訓練は終了しました。

その後、参加職員は2階中央渡り廊下に集合して講評が行われました。「初期消火に失敗した後、110番への連絡が聞き取りにくかった』『入院されている患者さんのことを考え、どの箇所で火災が起きたらどの探知機が鳴るかなど常々知らせてほしい』『慌てて走ると二次災害を起こしかねない。患者さんを運ぶ時は十分に注意して』などの意見が出されました。

次回の消防訓練は3月に行う予定です。

1

本番さながらに出火場所を探す看護師



2

「発火はここでーす!」



3

患者役の職員を、毛布を使った担架で運びます



4

「足元に気を付けて!」。患者役の職員はちょっと照れくさそう?(いやいや、真剣です!)



5

各病棟リーダーが警備員に報告



6

講評で出た様々な意見は今後に活かされます

~消防訓練~

2017年11月27日 カテゴリー:サンシティハウス

本日サンシティハウスで消防訓練実施致しました :-)
IMG_1655
 

IMG_1665
火災現場はどこだ~!

IMG_1670
初期消火開始!

IMG_1679
浴室!誰もいません~。確認済み札かけます!

IMG_1682
ドキドキ!!荒木が消防署に連絡しています :lol:
かまないように落ち着いて! :-D
IMG_1690
北側駐車場にて避難経過を報告!

全員無事避難いたしました。

IMG_1699
消火器の説明中です。

みなさん知っていましたか?

消火器は「ピン・ポン・パン」 ピンで安全ピンを外し、ポンで消火器の先を火元に向け、パンでレバーを押し消化開始!



「3・5・15」3は上記のピン・ポン・パンの3動作、5は火元へ距離は5m、15は消火器の粉がでる秒数

だそうですよ。

今日はとてもいい勉強になりました! :lol:
IMG_1703
火災がないことが一番ですが

備えあれば憂いなし :-D
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもと違う巻きずしはいかが?ε=(。・ω・)_◎

2017年11月23日 カテゴリー:富貴苑

『いつもと違った巻きずしを食べていただきたい♥』という思いから

富貴苑栄養課の職員が研修で習ってきた変わり寿司を

富貴苑入居者の皆様にランチで提供しました(*´ω`*)

 

その名も… 『韓国風のり巻き』『カルフォルニア巻き』

 

まずは「韓国風のり巻き」作りから★

DSCN3609
ばっ!!(゚ロ゚) 美味しかごたる!!

DSCN3629
ちょっと、横長の巻きずしになりましたが

ご愛嬌でお許しを…♥

 

続きましてぇ—「カルフォルニア巻き」

DSCN3615
普通の巻きずしとは違って、ご飯の上に海苔を敷くのがPOINT(・∀・)b

DSCN3617
DSCN3619
トビコを豪快に付けます(`∇´ )にょほほほ♬

DSCN3621
またもや…横長巻きずしになってしまった…( •̀ㅁ•́;)

 

 

DSCN3613
なかなか大変な作業でしたが、とっても美味しそうな巻きずしが出来上がっていました★

 

DSCN3624
DSCN3625
酢飯がガッツリ入ったいなり寿司(´ε` )

 

DSCN3641
DSCN3644
ド----ンッ!!

美味しそう♥ヾ(*・∀・)/

DSCN3648
 

珍しい巻きずしに、皆様も大喜び^^

「たまにはこんなのもいいね」と、好評でした(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

« 前のページ