• 理念
  • ご挨拶
  • 法人概要
  • お問い合せ
  • アクセスマップ

ブログ

ブログ

第16回みゆきの里ボランティア交流会を開催しました

2017年11月22日 カテゴリー:ボランティア, ライターUのみゆき探訪

みゆきの里では、現在およそ500名の方がボランティアに登録され、患者さんやご利用者の日々の生活を支えてくださっています。このように日頃からお世話になっているボランティアの皆さんをお招きし、恒例の『みゆきの里ボランティア交流会』を開催しました。

会場となった和楽3階の会議室には、ボランティア団体・個人の代表約100名の皆様がご参加くださり、久しぶりの再会を喜ぶ姿も。艶やかな和服姿の方もおられ、終始華やかな雰囲気に包まれました。

交流会がスタートすると、みゆきの里の富島三貴会長と各施設代表者らが日頃の感謝とご挨拶を述べさせていただき、続いて御幸病院の心療内科専門医で日本認知症学会員でもある江頭洋祐医師が『高齢期のからだとこころの処方箋』と題した特別講演を行いました。

お待ちかねのお昼は、山本照幸総料理長監修の、命のスープ付き懐石弁当です。蓋を開けた途端、美しい設えに「きれいねえ」「とっても美味しそう」と喜んでくださる姿を見て、配膳する職員らも思わず顔をほころばせます。「今日の命のスープの具材は冬眠する前に栄養を蓄えた旬のアサリとほうれん草です。小さなお子さんや病人でもスーッと喉を通るように、ミキサーにかけてポタージュ仕立てにしてあります」。山本総料理長からお品書きと今日使った食材の栄養分について説明があると、皆さん熱心に聞き入っておられました。

それぞれのテーブルには各部署長が着席し、ボランティアの皆さんの日頃の活動についての話やご意見を伺いました。また、職員らも席を回り、「いつもありがとうございます」と感謝の気持ちをお伝えしました。

交流会への参加は今回で3回目だという男性は「料理がとても美味しいですね。残さずいただきましたよ」と笑顔で語っておられました。

ボランティアの皆様、本当にいつもありがとうございます。ご利用者も職員も、ボランティアさんの来里を心から楽しみにしております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ボランティア交流会1

たくさんのボランティアの代表者さんにお越しいただきました



ボランティア交流会2

江頭医師の講演は、高齢者が食生活で気を付けたいことや日常でできる運動などの情報がたっぷり。最後に「気持ちの通じる主治医を見つけることが大事。世間話のひとつでもできるドクターを見つけてください」とメッセージを贈られました



ボランティア交流会3

おからコロッケや一文字グルグルと白木耳の酢味噌掛け、ローストビーフなど全13品の懐石弁当。喜んでいただきました(^^)



ボランティア交流会4

みゆきの里ボランティアセンター委員もひとりずつご挨拶