• 理念
  • ご挨拶
  • 法人概要
  • お問い合せ
  • アクセスマップ

ブログ

ブログ

第4回市民健康講座「生活習慣病にならないために」を開講しました

2018年1月23日 カテゴリー:ウェルネススクエアー和楽, ライターUのみゆき探訪, 御幸病院

毎回ご好評をいただいている市民健康講座。第4回目は御幸病院院長でLTAC心不全センター長の西上和宏医師による講演を行いました。今回のテーマは「生活習慣病にならないために」です。

そもそも、生活習慣病とはどんなことなのでしょうか?「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」のことを生活習慣病と言い、これらの病気にかかると、そこから脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化症といった深刻な病気が発症する可能性が高くなります。

そこでキーワードとなってくるのが「塩分」「カロリー(糖)」「コレステロール」「水分摂取」「運動」「禁煙」です。今回の講座では、この6つの要因が身体にどのような変化をもたらすか、そしてどんなことに気を付ければ生活習慣病にかかるリスクを軽減させられるかについて紹介がありました。

中でも最も良い治療法は、腹八分目の食事と20分以上の運動で内臓脂肪を減らすことなのだそうです。「中性脂肪と血圧を下げて生活習慣病にならなければ病気にかかるリスクは減り、健康的な生活が送れます。糖尿病も改善します」と話す西上院長自身も、和楽2階のジムに通って身体を絞る努力を行っています。

その他にも日常生活の中で取り入れやすい改善方法が紹介され、聴講者の席では熱心にメモを取る姿が見受けられました。

最後に設けた質問コーナーでは「すい臓がんは分かった時には手遅れというが、現代医学で早期発見は難しいのですか?」[西上先生おすすめのノルディックウォーキングは難しくないですか?」「糖質を完全にカットしたら糖尿病は良くなりますか?」といった質問に、西上院長が丁寧に答えていました。

次回は2月17日(土)10時~、御幸病院緩和ケア診療部長・磯貝雅裕医師が登壇します。演題は「“緩和ケア”のご紹介~先輩方から学んだこと~」です。参加ご希望の方はウェルネススクエアー和楽受付(TEL096-370-2244)までお問い合わせください。

第4回市民健康講座写真1

自身の体験も交えながら、柔らかな口調で分かりやすく講義を行う西上院長



第4回市民健康講座2

今回もたくさんの方が聴講にいらっしゃいました



第4回市民健康講座3

生活習慣病にならないために気を付けたい4つのポイントはコチラ。皆様もどうぞ参考になさってくださいね(^_^)