• 理念
  • ご挨拶
  • 法人概要
  • お問い合せ
  • アクセスマップ

ブログ

ブログ

サロン活動に“きて・みて・かたらんね”

2017年6月26日 カテゴリー:ライターUのみゆき探訪, 認知症

最近“サロン活動”ということばをあちこちでよく耳にしますが、皆さんはご存じですか?サロン活動とは、近隣住民同士の交流を深め、誰もが安心して楽しく暮らせるまちづくりを目指して全国的に盛んになっている活動です。高齢者や子育て中の親とお子さんなどをはじめ、どなたでも参加可能です。

御幸校区社会福祉協議会が主催し、御幸校区民生委員・児童福祉協議会が共催する御幸校区ふれあいサロン、題して『きて・みて・かたらんね』は、主に閉じこもり予防を目的として3年前にスタート。花見や音楽療法、体力測定など様々な催しを月一回の頻度で企画・実施し、毎回20~30名が参加されるそうです。みゆきの里からは、毎回認知症対策室とささえりあ平成が健康体操及び脳トレの指導支援を担当しています。

取材にお邪魔した日は、七夕が近いということで季節感を感じてもらおうと七夕飾り作りが企画されていました。

南区役所の担当者が熱中症についての注意喚起を行い、ささえりあ平成の指導による“座位でできる筋力トレーニング”で軽く身体を動かした後、いよいよ本日のメイン!七夕飾りです。竹や短冊などの飾りは既に準備済で、参加者の皆さんは短冊に願い事を書いて飾りつける担当です。「なんて書こうかしら」。ちょっと失礼して後ろから覗き込むと…「家族皆が幸せに過ごせますように」「世界が平和になりますように」など、愛情や思いやりに満ちた願いごとがたくさん。中には「ピアノが上達しますように」という向上心に溢れた言葉もありました。七夕飾りが完成すると、七夕の歌を全員で大合唱♪♪♪

そしてみゆきの里認知症対策室・橋口理学療法士の脳トレの時間です。「ご自宅でも気軽に行ってもらえるようなトレーニングを紹介しています」と橋口理学療法士が話す通り、指を使って計算と運動を同時に行う、10分ほどの簡単なトレーニングです。

最後はお楽しみのおやつタイム。美味しい冷やしぜんざいとお茶をいただきながら、和やかな雰囲気の中、本日のサロン活動は終了しました(^^)

サロンの参加者はほぼ地元の御幸校区の方ですが、他地域からの参加もOKです。実際、チラシでこのサロン活動を見つけ、毎月バスで通っているという遠方にお住まいの男性は「通い始めたのは熊本地震の後から。家でじっとしていてもダメだ、心身の復興のために出かけようと、ここ以外にもあちこちに通っています。大体女性の中に男一人だけど(笑)おかげで毎日が楽しい」と話しておられました。

まだ参加されたことのない方、ぜひ一度地域のサロン活動に足を運んでみられませんか?

皆様の周りに気になる独居の方などいらしたらお声掛けもよろしくお願いいたします!

saron1

ささえりあ平成の担当者による筋力トレーニング



saron2

ゴムバンドを使う筋トレでは「こうするといいですよ」と民生委員さんもお手伝い



saron3

こんなに素敵な願い事も❤ラブラブですねっ❤❤



saron4

思い思いに笹を飾りつけ。素敵な七夕飾りができました!



saron5

みゆきの里認知症対策室・橋口理学療法士の脳トレ。ゲーム感覚で楽しみながら行えます



saron6
saron7

おやつは毎回、民生委員の皆さんが趣向を凝らし、手作りで用意されます。この日は冷やしぜんざいときゅうりの浅漬けでした。ライターUもご馳走になりましたが、もちもちのお団子に冷たい粒あんがベストマッチで美味しかったです。ご馳走様でした❤

健康寿命を延ばしましょう!敬老会で認知症予防体操

2016年11月14日 カテゴリー:ライターUのみゆき探訪, 認知症

過日、日吉東小学校体育館で開催された『日吉東校区市民のつどい 第15回敬老のつどい』に御幸病院リハビリテーション室がご依頼をいただき、『認知症予防体操~二重課題体操~』を行ってまいりました。日吉東校区の「ころばん教室」に講師派遣を行っているご縁からお声掛け頂きました。

ステージに立ったのは、御幸病院リハ室の松下言語聴覚士と前田理学療法士の2人です。
相手に勝つパターンと負けるパターンを考えながらじゃんけんを行う“後出しじゃんけん”といった簡単なものから徐々に難易度を上げながら、数種類の体操を紹介しました。これらは脳と体を同時に使うことにより認知症を予防・改善をはかるコグニサイズというプログラムの一種です。松下言語聴覚士の「一緒にやってみましょう!」の声に、会場の皆さんは真剣な表情で腕や手を動かし、「むずかしか」「年取ると判断のおそなるなあ」などと苦笑いされながらも楽しそうに参加されました。

「今日行った認知症予防体操は、ご自宅でもできる簡単で持続可能なものばかりです。ぜひ日常の掃除や散歩の時に取り入れて、ずっとお元気でいてくださいね」と前田理学療法士。

みゆきの里では、地域の皆様の健康作りや介護予防への取り組みとして、地域のサロン活動や老人会などへ、講師派遣を行っています。医療・福祉・保健の専門職の派遣ができますので、どうぞご活用下さい。

日吉東敬老会写真1

ゲーム感覚で普段の生活に取り入れられる認知症予防体操

サロン活動で頭と体を楽しくトレーニング★

2016年9月15日 カテゴリー:ライターUのみゆき探訪, 認知症

みゆきの里 認知症対策室は、地域包括センター(高齢者支援センターささえりあ)と連携し、地域の老人会などに出向いて認知症予防のための普及啓発活動を行っています。

9月初旬、長寿会『あじさい会』のサロン活動が上近見公民館で開催され、認知症対策室の橋口理学療法士が講習を行うということを聞き、ライターUもお邪魔してきました。

毎月1回開催されているサロン活動は、パズルや音楽を楽しむ会、体操など、毎回趣向を変えた内容で1時間半程度行われます。この日は65歳以上の高齢者の皆さん18名が参加されていました。

まずは全員の血圧を測定しながら、雑談。会場は一気に和み、リラックスした雰囲気に包まれます。測定が終わると橋口さんはホワイトボードの前に立ち、最近あった時事ニュースを次々と問いかけていきます。ニュースを始め、季節の野菜や行事についての話題などテーマは様々で、参加者の方は「次回はどんな話題が出るかな?」と日頃からテレビや新聞で情報をチェックしているのだそうです。

次は、『ケアサポートメロン3R』の理学療法士・山下さんの体操です。ストレッチ、体幹トレーニング、認知症予防体操…。山下さんの軽快なトークに爆笑しながらも、皆さん真剣!みっちり30分の体操で、すっかり体が温まりました。

そして、いよいよメイン活動です。この日は『旅行計画』。3班に分かれ、橋口さんがあらかじめ用意してきた鹿児島、長崎、大分の観光マップや時刻表などの資料を基に日帰り旅行の計画を立てます。この活動は、“他人とコミュニケーションを図る”“過去に訪れた場所の回想による海馬への刺激”“行動や空間認知などに関係する頭頂葉への刺激”といった狙いがあるのだといいます。「集合場所、どこに行くか、交通手段は何を使うか、何を持っていくかを決めてくださいね~」との橋口さんの声に「予算はどのくらい?」「復興割は使えるの?」とユニークな質問が返ってきます。3班とも協力し合いながら、あっという間に楽しそうな日帰り旅行の計画が出来上がりました。

参加した83歳の女性は「サロン活動は大勢で集まるのが楽しい。介護の話とか講演会とか毎回内容が違うので、毎回違った楽しみがありますね」と話しておられました。こうやって集い、たくさんお喋りすることがなによりの元気のもとなのかもしれませんね♫

サロン活動写真1

まずは血圧測定



サロン活動写真2

『あじさい会』では、毎回のサロン活動に認知症予防を取り入れています



サロン活動写真3

体操で、身体をひねったり伸ばしたり。「家でもやってみよう」との声も



サロン活動写真4

旅行計画、大分班。「湯布院がいいかな?別府がいいかな?」。まるで本当に旅行に行くようです

リオオリンピックで認知症予防!

2016年8月24日 カテゴリー:ライターUのみゆき探訪, 認知症

体操男子の金、吉田沙保里の銀…この夏は、リオオリンピックで盛り上がった方も多かったことと思います。ぼたん園通所リハビリテーション室にも、リオオリンピックのメダルの数や選手の名前と写真が載った大きなパネルが展示してありました。このパネル展示を発案したのは認知症対策室の理学療法士・橋口侑佳さん。「通所リハのご利用者さんに向けた脳活性化プログラムとして設けました」と、橋口さんは話します。

認知症の症状のひとつに、短期記憶障害があります。このパネルを目にすることによってご自宅のテレビや新聞で見たオリンピック情報を再び入力し、短期記憶をつかさどる海馬を刺激。記憶を強化して脳の活性につなげるのだといいます。パネルには選手の顔写真と名前を並べ、思い出しやすいよう配慮がなされています。

通所リハでは、認知症予防として必ず最近のニュースの問いかけを行っているそうです。介護福祉士の田中さんは「今年のオリンピックの開催国はどこですか?どんな種目がありますか?などからお尋ねします。認知機能の向上に効果的ですし、年代的に1964年の東京オリンピックを思い出されることで回想法にもつながるようです。『あの時は○○という選手がいた』『昔の種目にはシンクロはなかった』と昔の記憶を思い出されることで、楽しみながら認知症の予防にもなります」。

今話題のニュースを思い出すことで認知症予防。ご家庭でも真似できそうですね。ちなみにご利用者の間では、体操の内村選手、卓球の福原選手(ご利用者の間では“泣き虫愛ちゃん”と呼ばれていました)、レスリングの吉田選手などが人気のようでしたよ。

ボタン園パネル

「認知症対策室」ブログ始めます★

2016年2月12日 カテゴリー:認知症

初めまして「みゆきの里認知症対策室」です(ˆˆ)

場所は、ぼたん園の玄関から右へ曲がり2つ目の部屋です♪

認知症対策室は、3人体制で仕事をしています★

橋口 玲子 認知症対策室室長 (ぼたん園副施設長)

橋口 侑佳 理学療法士

西永 直美 ボランティアコーディネーター

今後、認知症に関する最新の情報やケアの方法、認知症予防の取り組みなど

随時更新していきたいと思います♪

よろしくお願いします!

IMG_2245

左から、西永直美 、 橋口侑佳 、 橋口玲子

« 前のページ