• 理念
  • ご挨拶
  • 法人概要
  • お問い合せ
  • アクセスマップ

ブログ

ブログ

田園キッチンで「健康」をテーマにしたディナーはいかがですか?

2017年5月31日 カテゴリー:ウェルネススクエアー和楽, ライターUのみゆき探訪, 健康レシピ

ウエルネススクエアー和楽1階の自然食レストラン「田園キッチン」。人の体と土は繋がっており、その土地のものを食べることが健康に良いという“身土不二”をテーマに、地元の旬の野菜たっぷりのバイキング料理を提供し、連日ご好評いただいております。また、平日夜のディナーは、みゆきの里で腕を振るうベテラン料理人や管理栄養士らが考案・開発した健康レシピのワンプレート花かご御膳を楽しんでいただく「シェフワンナイト」を開催しております(土・日曜、祝日夜はバイキング)。このシェフワンナイトに、6月5日(月)から夏メニューが登場。現在、メニュー選定と料理撮影の真っ最中です。

材料を吟味し、手間をかけて作られた御膳は副菜の品数も豊富で、ヘルシーながらボリューム満点。さらにご飯(玄米、白米、クコの実粥)、ベジタリアンカレー、具沢山味噌汁、サラダ、ぜんざいはお代わり自由で、料金は1100円(税込)と大変お得!温泉入浴とのセットは1350円(税込)とこれまたお得です。一日の終わりに、食事と温泉を満喫するプチ贅沢をゆっくりと楽しんでいただけますよ♪

夏メニューのメイン料理は全部で10種類。5種類を2週間日替わりで提供し、2週間後に次の5種類に変更します。バージョンⅠは6月5日(月)~6月16日(金)、バージョンⅡは6月18日(月)~6月30日(金)のご提供で、いずれも一日限定30食。当日でもご注文いただけますが、できれば事前のご予約が確実です。

写真はバージョンⅠ(6月5日~6月16日)のメニューです。当日のメインメニューは田園キッチン入口にその日の担当料理人の写真と共に提示します。「このメインメニューを食べてみたい」という方は、ご予約時にお問合せください。

【田園キッチン シェフワンナイト】
ご予約・問合せ/TEL096-370-2244
営業時間/平日17:30~21:00(オーダーストップ20:00)

シェフワン夏写真1

夏野菜カレー風味そうめん(料理担当:山本総料理長)三大抗酸化ビタミンを含むトマトや整腸作用のあるオクラ、疲労回復効果のあるカレー粉などを使用



シェフワン夏写真2

水前寺菜の香味ちらし寿司(料理担当:東島料理長)水前寺菜はポリフェノールの一種であるアントシアニンやγ-アミノ酪酸(GABA)、βカロテンを豊富に含み、生活習慣病予防が期待できます



シェフワン夏写真3

鯛の信州焼き山葵あんかけ(料理担当:中根シェフ)クロロフィルやカロテン、ビタミンKなどを含むヨモギを練り込んだヨモギ蕎麦を鯛の切り身で巻きました



シェフワン夏写真4

鶏の鍬焼き(料理担当:高丸シェフ)機能性ペフチドであるイミダゾールペプチドを多く含む鶏肉には血圧上昇抑制作用、カルシウム吸収促進作用があり、高血圧や骨粗鬆症の予防などが期待できます



シェフワン夏写真5

豚肉のローズマリー炒め(料理担当:高口シェフ)ローズマリーの香り成分には、強壮効果、抗酸化作用があると言われています。また、ローズマリーを漬け込んだお酢からは強い抗酸化力を持つファイトケミカルも抽出されます



シェフワン夏写真6

小学生以下のお子様メニューは600円(子ども用メニューです)



シェフワン夏写真7

お客様に供する盛り付け方を入念に確認しながら撮影中(^^)

シェフワンナイトが好評です(^_^)♪

2016年11月2日 カテゴリー:ライターUのみゆき探訪, 健康レシピ

7月からスタートした田園キッチンの健康食企画『シェフワンナイト』。これは、みゆきの里が昨年取り組んだ医福食農連携バリューチェーン構築事業で開発した健康レシピを広く皆様にご紹介し、食を通しての健康作りを推進していこうというものです。提供は平日夜のみ、要予約で限定30食。山本総料理長を始めとする4人のシェフが日替わりで調理を担当しています。

9月から秋メニューが登場しているということで、遅ればせながらライターUも食べに行ってまいりました。この日のメインは『牛肉の香草パン粉焼き』。熊本県産牛肉を使用し、パン粉のカリッとした食感と優しいお味のとろみのあるあんが絶妙に絡むひと皿です。ちなみに牛ばら肉に含まれている油脂は、エネルギー源及び生体膜の構成成分となり、細胞の働きを維持する役割や、脂溶性ビタミンの補給を補助する作用などがあるのだそう。他にも、焼き米リゾット、生姜入り養生きんぴら、山うなぎなど、健康レシピとして開発された料理がバランスよく供されます。田園キッチンのコンセプトである身土不二(人の体には地元の旬の食材や伝統食が良い)の考えに基づき、材料はできる限り県産というこだわり。昆布とかつおでひいた出汁の旨みがしっかりと感じられる滋味深いお膳に、心と身体がほっと落ち着くような気がします。

この日の調理担当である東島料理長は、「盛り付けにも工夫を凝らし、価格以上に豪華だと喜んでいただいています。お客様はリピーターの方が多いですね。帰り際にわざわざ厨房に向かって “美味しかったよ”と言ってくださることもあり、料理人冥利に尽きます」と笑顔で話します。

白米と玄米から選べるご飯、野菜たっぷりのカレー、具沢山味噌汁、サラダ、ぜんざい、飲み物はお替り自由で、育ち盛りも大満足間違いなし!お食事された方には健康レシピの冊子をプレゼントという嬉しい特典もあるとのこと(数量には限りがあります)。皆様もぜひご賞味ください。

シェフワン秋写真1

田園キッチンの前にはその日の担当シェフが立て看板で紹介されています



シェフワン秋写真2

丁寧に作られ、美しく盛りつけられた料理の数々。これで1100円とは驚き!



シェフワン秋写真3

メイン料理の『牛肉の香草パン粉焼き』。付け合せはその時期に美味しい野菜を使用。この日は市場に出始めた走りのカブと、ぱりっと揚げた蓮根



シェフワン東島料理長より

別日には、牛肉と相性の良いトマトをあんに加えたバージョンで。料理人の創意工夫で、同じ料理でも健康効果はそのままに、また違った味わいでお楽しみいただけます



シェフワン秋写真4

皆大好き、コトコト煮こんで野菜の旨みがしっかり溶け出したこだわりカレーもお替り自由

熊本の旬の食材たっぷりの健康食が登場。田園キッチンの「Chef One Night」

2016年6月27日 カテゴリー:ウェルネススクエアー和楽, ライターUのみゆき探訪, 健康レシピ

熊本地震の影響で延期となっていた田園キッチンの企画「Chef One Night(シェフ ワン ナイト)」が、いよいよ7月から始動する運びとなり、現在着々と準備が進んでいます。

みゆきの里では、昨年、医療関係者、生産者、大学教授など各方面のスペシャリストたちと連携して『医福食農連携バリューチェーン構築事業』を行い、 “熊本の食が熊本の人をつくる”をテーマに、健康で長生きするための健康レシピ作りに取り組みました。「Chef One Night」は、その際にみゆきの里の料理人や管理栄養士らが考案した約70種類のオリジナル健康レシピをより多くの皆様にお召し上がりいただき、「食」を通しての健康づくりを提案していこうというものです。ご提供は、これまでのバイキング形式から、個別に供するプレート形式に変更。熊本の新鮮な食材をふんだんに取り入れた品々はどれをとっても味、健康効果、見た目にこだわったものばかり。美しく盛り付けられた料理を舌と目で楽しみながら、身体がしみじみと喜ぶ夕食のひとときをお過ごしいただけることでしょう。

調理は、みゆきの里総料理長・山本照幸氏、田園キッチン料理長・東島正彦氏、博光会主任シェフ・高口勝利氏、田園キッチンシェフ・塚本健二氏の4名の料理人が日替わりで担当。既存の健康レシピに担当料理人がさらに創意工夫を凝らし、アレンジを加えた料理の数々が並ぶといいますからますます楽しみです。

「Chef One Night」プレートは、毎週月~金曜の夜の提供で限定30食(前日までに要予約)。7月6,7,8日は周年祭価格の900円。7月11日からは通常価格1100円でのご提供となります。なお、土・日曜、祝日はこれまで通りバイキング形式となります。

■田園キッチン「Chef One Night」プレート
営業時間/平日17:30~21:00(オーダーストップ20:00)
料金/大人1100円、小学生以下600円

 

シェフワンナイト写真1

夏のプレートの一例。メインは玉葱味噌カレー。他、トマトの射込み、ゴーヤの酢の物、揚げ水晶なす、山芋とマグロのわさびドレッシング、車麩のヨーグルトディップ、茶わん蒸し、そうめん、サラダ、味噌汁。これにぜんざいとドリンクがつき、ボリュームも満点(ごはん、サラダ、味噌汁、ぜんざい、ドリンクはお替り自由)。



シェフワンナイト写真2

腕を振るうのはこの4人!左から、塚本健二シェフ、山本照幸総料理長、東島正彦料理長、高口勝利主任シェフ。



シェフワンナイト写真3

入念にプレートの最終チェックを行う富島会長と山本総料理長。



シェフワンナイト写真4

配膳のタイミングや料理の説明について練習を重ねる田園キッチンホールスタッフ。



 

 

大根葉の焼きめし

2016年3月4日 カテゴリー:健康レシピ

メニュー考案者
みゆきの里 管理栄養士 田邊史子

4人前1人前/335kcal 塩分/2.1g


材料

  • 大根葉(1本分) 100g
  • 豚バラ肉 100g
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ごはん 茶碗3~4杯
  • 卵 2個
  • 塩 小さじ1
  • ごま 少々
  • しょうゆ 大さじ1

作り方

  • 大根葉は小さく切る。豚バラはサイコロ状に切り、さっと湯通しする。
  • フライパンにオリーブオイルをひき、豚バラを少し茶色になるまで炒め、塩を加える。大根葉を入れ、ご飯を投入し、しっかりと炒める。
  • 卵は炒り卵で別にしておく。
  • 2にごまをふり、醤油で味を調え、最後に炒り卵を混ぜ合わせ、できあがり。

ワンポイント

【大根葉】
葉にはβ-カロテンやビタミンCが多く免疫力を高めるのに有効。葉は茹でずに炒めることで、ビタミン流失を防いで栄養を摂ることができる。

春わかめのしゃぶしゃぶ

2016年3月4日 カテゴリー:健康レシピ

メニュー考案者
みゆき園 管理栄養士 築城清夏

4人前1人前/134kcal 塩分/4g


材料

  • 生わかめ 400g
  • セリ 2束
  • 茹でたけのこ 200g
  • デコポン 2個
  • しょうゆ 100cc

作り方

  • < デコポン酢を作る >
    デコポンの実を絞り、果汁に醤油を加え、デコポンの皮を擦って加える。
  • 生わかめはよく洗い汚れを取る。セリも洗ったら3つくらいに切っておく。たけのこは薄くスライスして皿に盛り付けておく。
  • < 召し上がり方 >
    沸騰したお湯で具材をしゃぶしゃぶしてデコポン酢でいただく。

ワンポイント

【生わかめ】
わかめに多く含まれる食物繊維には、水に溶けない“不溶性食物繊維(セル ロース)”と“水に溶ける水溶性食物繊維(アルギン酸)”が。アルギン酸は、ナトリウムを体外に排出する働きをすることで、血圧の上昇を抑えることに役立つ。

【デコポン】
ミカンなどに含まれるβクリプトキサンチンは、ガン予防への効果が期待されている。

« 前のページ