• 理念
  • ご挨拶
  • 法人概要
  • お問い合せ
  • アクセスマップ

ブログ

ブログ

6月6日(土)みゆきの里健康と食のまつり開催

2015年5月28日 カテゴリー:御幸病院

f_and_h
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年恒例のイベント、みゆきの里健康と食のまつりを、今年も6月6日(土)に開催いたします。午前9時にスタートします和楽ウォーキング大会を皮切りに、様々な健康チェック・健康相談・体験が出来る健康コーナーや、田園キッチンをはじめとしたみゆきの里各施設のフード屋台、各種団体・企業による食品を中心とした販売ブースなど、盛りだくさんの内容です。

もちろん、今年もメインステージでは、地域の方々が様々なパフォーマンスを繰り広げられます。みゆきの里スタッフによる、大縄跳びやしゃがみ相撲等のふれあい広場も開催。ご興味のある方は是非、お誘い合わせのうえお越しください。ご来場は無料です。

(雨天中止、順延はございません。ご了承ください)

行楽日和な今日の日は…(๑´⍢`๑)

2015年5月28日 カテゴリー:富貴苑

連日30℃以上の暑さが続いております…☼

『あれ?夏だっけ?』と勘違いしてしまうほど、真夏日のような暑さですね(๑-ิ느-ิ๑;)

今日はわりかし曇って過ごしやすい陽気かなと思いきや、じめじめとしていてなんともいえない陽気ですね(゚д゚lll)。。。

 

急激に暑くなったことにより熱中症や体調不良にならないようお気を付けください!!

必ず水分補給を行うよう心がけることも大切です✩(๑òωó๑)

 

さて、富貴苑ではこんな行楽日和な今日に『行楽弁当』をお出ししました♬(v〃∇〃)ノ

運動会シーズンでもあり、運動会と言えば・・・『巻き寿司』!!(* Ŏ∀Ŏ)♥ ということで

ちょっと目先を変えたお食事をお出ししたいという栄養課からの考案により実現いたしました(。◕‿◕。)

 

DSCN1626
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN1627
 

 

 

 

 

 
まぁ~なんということでしょう(೨♛‿♛೨)

栄養課スタッフ一丸となって作ったお弁当♥ 美味しそうです・・・( ꉺ∀ꉺ )!!

全て手作りなんですよ(。◕∀◕。)ノ

ひとつひとつ愛情が込められています(´∀`*)

DSCN1629
 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真からも美味しさが伝わり、それぞれいい香りがしてきそうです(๑♡3♡๑)00〇【お腹が空きますね・・・】

 

メニューは・・・

・巻き寿司

・いなり寿司

・エビフライ

・鶏の唐揚げ

・玉子焼き

・ポテトサラダ

・オレンジ

(ꉺꈊꉺ)ノ も・り・だ・く・さ・ん♥

 

 

DSCN1631
 

 

 

 

 

 

 

 

入居者の皆様に・・・♥

 

DSCN1632  

 

箸袋も手作りです(๑´ლ`๑)フフ♡

 

節分以来の久しぶりな巻き寿司に

皆さま大喜びでした(๑´⍢`๑)

『2個じゃ足らーん(笑)』というお声がチラホラ(。-∀-)

日頃、少量のご飯しか召し上がらない方も巻き寿司だとパクパクお口に運ばれ

見てるこちらも嬉しくなりました(✿´ ꒳ ` )ノ

 

また、他のおかずも大満足といった表情で『あーおいしかった。おなかいっぱい』と笑顔でおっしゃっていました・・・(๑˙ω˙๑)

 

これからも、ちょっと目先を変えたお食事などお出ししていこうと思っております✩

『食事は人の心を豊かにする

  食事の中に愛情をひとつまみ

       みんなもわたしもぽっかぽか』

 

 

 

南阿蘇のハーブ園でカモミールを収穫

2015年5月27日 カテゴリー:みゆきの里健康ファーム, ライターUのみゆき探訪

2か月前に南阿蘇農場に定植したカモミールが収穫時期を迎え、ライターUも収穫に参加してまいりました。 これは、みゆきの里が今年2月に設立した農業生産法人「みゆきの里ファーム」の活動の一環。定期的にみゆきの里の職員らが南阿蘇のハーブ畑に出向き、農業体験を通して食と健康のつながりを自ら実感し、普及に努めようというものです。

カモミール収穫写真4
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丘陵地に広がるおよそ2反のカモミール畑はまさに今が満開。ぽっこりと膨らんだ黄色い花芯と白い花びらが可憐なカモミール。日本名では“カミツレ”とも呼ばれ、消化促進作用や風邪予防効果、リラックス効果などがあるといいます。絵本「ピーターラビット」の中でも、ピーター家の常備薬として登場しますね。

収穫作業は、圃場のオーナーである南阿蘇農園の宮野社長やスタッフの方々にご指導をいただきながら進めます。茎の部分を一束掴んで剪定バサミでカット。コンテナがいっぱいになったら、次は茎から花を摘み取る作業です。これがなかなか手ごわい!黙々と作業しますが、カゴの中の花は一向に増える気配がありません。こういった、時間を惜しまぬ丁寧な手しごとの積み重ねがあるからこそ、美味しく上質なカモミールティーがいただけるのだなあと感謝の気持ちが芽生えたひとときでした。

甘酸っぱい香りに包まれて、心地よく体を動かした収穫活動でした。職員らによる収穫は、今週末も続きます。

カモミール収穫写真3

目の前に広がる南阿蘇の牧歌的な眺めに癒されます



カモミール収穫写真1

黄色い部分が盛り上がり、花びらが反ると収穫時期です



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カモミール収穫写真2

本日の収穫。この後、茎と花を選別する気の遠くなる作業が待っていました…

川畑認知症対策室室長に聞く「初期の認知症」その2

2015年5月25日 カテゴリー:ライターUのみゆき探訪, 認知症

前回は、認知症の初期症状や予防に効果的な運動などについてお届けしました。今回は認知症患者さんに対する接し方の注意点と、相談窓口についてです。

—————————————————————-

■認知症患者を介護する側が気を付けることはありますか?
潜水艦の覗き穴から覗いているような状態が認知症の方の世界です。自分が今どこにいるかが分からず、情報も少ない。我々の広い視野とは異なるということを理解し、接してくださると良いでしょう。
①伝わらない時は、何度も繰り返し伝える。
②本人が何かを失敗しても怒らずに、まず「ごめんね」「大変だったね」「ありがとう」とねぎらう。
③子どもを扱うようにではなく、子どもに対する優しさで対応する。
④疑問の投げかけではなく、提案型の声掛けをする(「何する?」ではなく「〇〇しましょうね」)
⑤まず大きなジェスチャーで表現して見せて、その後言葉で伝えると理解してもらいやすい。(下腹部をポンとたたく動作をしてから「トイレに行きましょう」と声掛けをするなど)
⑥「ダメ」も笑顔で伝える。

■認知症の心配がある時に相談できる窓口は?
ご自宅で過ごされている中で「様子がおかしいな」と感じたら、地域包括支援センター(ささえりあ)にお声掛けされると病院受診につなげることができます。地域の民生委員さんや区長さんに相談されてもいいでしょう。
介護保険を使っている方で症状が出てきた場合は、担当のケアマネ-ジャー、もしくは病院のMSW(メディカルソーシャルワーカー)にご相談ください。
みゆきの里には総合相談支援センターを設置しておりますので、様々なケースに対する相談を一括してお受けしております。また、認知症対策室でも電話対応は可能です。
認知症かどうかも分からないとか、第三者に話だけ聞いてもらいたいな、という時は熊本県の認知症ほっとコールもご利用ください。介護の辛さ、対応の方法、受診のポイントなどのアドバイスがもらえると思います。
また認知症対策室では、年に200回以上、認知症予防に関する講演会を県下全域で開催しています。各市町村や病院、社協、老人会など各主催者の情報をご確認いただき、ぜひお出かけください。

〇みゆきの里総合相談支援センター TEL/096-379-7887
〇みゆきの里認知症対策室 TEL/096-370-6336
〇熊本県認知症コールセンター(認知症ほっとコール) TEL/096-355-1755

川畑認知症対策室室長に聞く「初期の認知症」その1

2015年5月24日 カテゴリー:ライターUのみゆき探訪, 認知症

先日、ドラえもんの声優で知られる大山のぶ代さんが認知症の闘病中であるというニュースが流れ、にわかに認知症について耳にする機会が多くなりました。そもそも認知症とはどんな病気なのでしょう?その初期症状や予防、対策について、みゆきの里認知症対策室の川畑室長にお話を聞きました。2回にわたってお届けします。

—————————————————————-

■認知症とは?
一口に認知症と言っても様々な種類がありますが、大きくまとめると『頭の働きが悪くなり、当たり前にできていたことができなくなっていく病気』です。認知症の約6割であるアルツハイマー型認知症では、脳内で記憶に重要な役割を果たしている海馬が損傷され、記憶障害が起こります。それにより不安とストレスが生じ、落ち着きがなくなる、やる気がなくなる、興奮するなどの周辺症状に繋がっていきます。できなくなることと、病気になったからこそ出てくる症状があるのが認知症です。そこから来る不安をできるだけ解消し、自信回復の支援をすることによって、ご本人は安心して生活できるようになります。

■認知症の初期サインを教えてください。
認知症は、新しいことを忘れてしまうのが大きな特徴です。ですから、最近のニュースや昨日の自宅での出来事や地域で起こったことについての説明が出来るかどうかというのがポイントになります。物や人の名前が出ない、置き忘れが目立つ、同じことを繰り返し言う、日付がすぐに出ないといったことは誰にでもありますから心配いりません。「最近どんなニュースがあった?」と尋ねてみて、思い出せない様子の時は気を付ける必要があります。

■認知症予防にオススメのことはありますか?
まずは運動ですね。ウォーキングなら40分以上を週に3回以上。歩幅を大きく腕をしっかり振るとより効果的です。さらに予防にいいのはウォーキングしながら何かすること。この『ながら』が大事で、デュアルタスクとか、コグニサイズ(コグニション〈認知する〉+エクササイズ〈運動する〉)と呼ばれるものです。しりとりをしながら歩く、花の名前を言いながら歩く、季節を感じつつ俳句を詠みながら歩くのもいいですね。足し算や引き算などの計算もオススメです。歩きながら、車のナンバープレートを見た瞬間に最初の数字2ケタの足し算をする。上手になったら3ケタ4ケタと難易度をあげます。計算式が流れてくるのと一緒なので面白くやれると思いますよ。家の中でなら、畳のヘリの前で8カウント足踏みしながら5がつくときだけヘリより前に踏み出す。次は3と6の時、その次は2,5,8、最後は1,4,5,7の時に出す。これを3回連続でやってみましょう。椅子に座ったままでも立ってもできますし、手でやってみてもよいでしょう。(写真1・2)
日記をつけるのも良いです。その日の日記を書いておいて、翌日にその文章を見ずに前日に何があったかを思い出して「いつ」「誰と」「どこへ行ったか・何をしたか」を要約して書く。この『翌日3行日記』は頭の活性化を促すツールとなります。

認知症予防運動写真1

写真1。「1、2,3,4」とその場で足踏みをして…



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認知症予防運動写真2

写真2。「5」で畳のヘリより前に足を踏み出します



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は「介護者が気を付けるべきポイント」と「相談窓口」についてです。

« 前のページ