• 理念
  • ご挨拶
  • 法人概要
  • お問い合せ
  • アクセスマップ

ブログ

ブログ

日々の食事に季節感の彩りを。みゆきの里が力を入れる「行事食」

2017年8月30日 カテゴリー:サンシティハウス, ライターUのみゆき探訪, 御幸病院

春はお花見、夏は七夕…古くから日本では歳時や年中行事を暮らしの中に取り入れてきました。家族や友人とともに囲む食卓の中にもその象徴となる料理を並べ、季節の移ろいを視覚や味覚で楽しんでいます。「ご自宅でなくとも、患者様やご入居者様に食で四季を感じてほしい」。みゆきの里では、35年前の開設当時から折々の行事に合せた『行事食』の提供を行っていました。今もそれは引き継がれ、御幸病院とサービス付高齢者向け住宅サンシティハウスでは、2年前から医療法人博光会主任・御幸病院栄養管理科主任である高口勝利シェフがリーダーとなり、更に進化した行事食を提供しています。

「以前は季節行事がある月だけでしたが、去年から最低でも月1回は行事食を出そうと決めて提供しています。私たちだけでなく、里内の全施設が行事食に取り組んでいます」。患者さんやご利用者の中には外出すらままならない方もおられます。毎日の食事の中に季節感のアクセントをつけることで「もうそんな時期か」と外の世界に思いを馳せ、楽しんでもらいたい、と高口シェフは話します。

お正月や節分、敬老の日、クリスマスなど定番の日に加え、8月には、8月11日の“山の日”、8月31日(831=ヤサイ)で“野菜の日”にも実施。山の日のメニューは「熊本の山といえば阿蘇だから」と、阿蘇の郷土食の献立を考えました。高菜飯、だご汁、田楽などのお膳は「とても美味しい」と、ことのほか喜ばれたそうです。変わったところでは6月21日の“夏至の日”に「夏を表現するならハワイアンはどう?」と、ご飯にハンバーグや目玉焼きをトッピングしたロコモコを出し「珍しか」とこちらも好評。こういった、定番ではないユニークなメニューも皆さんの反応を見ながらチャレンジしています。さらに献立の説明にも出向き、作る側、食べる側のコミュニケーションをはかることにも力を入れているのだといいます。

高口シェフは「メニュー決めの会議をしたり、通常とは違う発注が必要だったり、もちろん手間暇はかかります。でも、僕らがそれを手間と思って楽しめなかったらお皿の上に楽しさを表現することはできないし、ましてや食べる患者さんたちに絶対楽しんでいただけないと思うんです。スタッフ自身が楽しんで達成感を持って取り組もうという思いを持ち、皆で頑張っています」。

行事食写真1

好評だった山の日のメニュー。食べる人の状況によって料理の形状は変わります。たとえば高菜飯は、普通の米飯、二分炊き、おかゆ、ペースト状のおかゆの4種類。ペースト食の方にも食材の味を楽しんでもらえるよう、高菜、錦糸卵、紅ショウガはそれぞれペースト状にして添え、ソースをかけるように食べていただきました。「最初から全部混ぜ込んでしまうより美味しいから。手間はかかりますが、少しでも楽しく召し上がってほしいなという思いでやっています」と高口シェフ



行事食写真2

右から高口勝利シェフ、調理師の今村奈緒さん、栄養士の佐藤亜衣さん、調理師の田中勉チーフ。行事食はこの4人を中心に、栄養管理科のスタッフ全員で作ります

ご利用者に的確な介護サービスを提供するために―介護ネットワーク研修会を開催

2017年8月28日 カテゴリー:ライターUのみゆき探訪

8月24日(水)、ぼたん園通所リハビリテーション室にて、介護ネットワークグループのキャリアラダー研修会が開催されました。介護ネットワークグループとは、みゆきの里全施設から介護職に関わる職員が参加し、2013年からスタートさせた活動。介護職員が自らの課題を抽出し、スキルアップとキャリアアップを図ることを目的に運営しています。今回の研修会の対象は、キャリアラダー段階ではトップレベルにあたるⅣ・Ⅴの約20名。経験年数が8~10年以上あり、通常業務では主任やサブリーダークラスの面々です。

この日は『フィジカルアセスメントに基づく事例検討会』をテーマに、グループワーク形式での勉強会を行いました。4~5名で4チームに分かれ、『昼食前にベッドから転落して床に倒れたご入所者を発見』という状況を例に、どう対応するかを考え、発表するという内容です。まず個々で考えをまとめる個人ワークを行い、その後グループ内でディスカッションを行います。その場での迅速な対応、的確な指示の出し方、さらに医師や看護師、介護支援専門員などの専門職にどのように伝達するかなどを各チームで意見を出し合い、その内容を広用紙にまとめ、それぞれのチームで発表を行いました。その後は『新人指導の進め方』『介護リーダーに求められること』などについても勉強会を行いました。

介護ネットワーク運営スタッフで、研修会の司会進行を務めたぼたん園の西村介護主任は、「介護職は、日常的に最もご利用者に寄り添っている職種。みゆきの里では多職種連携を進めており、ご利用者の異変にいち早く気付く立場の介護職がいかに看護師や医師など他職種に的確なパスを出すかは非常に重要なことです。この研修での学びを現場に持ち帰り、活かしてもらえたら」と話していました。

ラダー研修1

みゆきの里には約200名の介護職職員が在籍しており、今回はその中でもリーダー格となる職員が参加。現場でいかに的確な判断を行い、円滑な連携を図るかに重点をおいた研修を行いました



ラダー研修2

各チームとも活発な意見交換が行われていました



ラダー研修3

チーム別に対応例を発表。「ベッドから転落したところを目撃したか?」「低血糖は考えられないか?」など、多角的な捉え方が次々と発表されました

サンシティハウス折り紙レクレーション

2017年8月28日 カテゴリー:サンシティハウス

この度8月27日にサンシティハウスにて折り紙レクレーション

行いました :lol:
 

IMG_2729
みなさん一生懸命笑顔で作られてました。

IMG_2730
 

皆さんの笑顔に職員も笑顔いただきました :-D
 

大久保さんは真剣ですが・・・ 8-O
 

 

たまにはいいよね~★

2017年8月26日 カテゴリー:富貴苑

 

暦の上では秋ですが…

まだまだ暑い(´Д`υ) 

 

きっと、9月も『あ—暑い。』と

叫んでいるんでしょうね(-_-)

まだまだ、気が抜けません。この暑さに…

皆様、熱中症にはお気をつけくださいませ★

 

さてさて、富貴苑では先日

『力をつけて夏を吹っ飛ばせ~(≧∇≦)/』

と、食べ歩き会を実施致しました(゚∀゚)v

 

今回は…『うなぎを食べたいわ』というご要望にお答えし

『和食 さつき』へLet’s go~(*˘︶˘*).。.:*♡

DSCN3039
DSCN3040
肉厚なう・な・ぎ(゚∀゚)ウヒョー♫

疲労回復★これで夏を乗り切れそう~!! ヾ(*´∀`*)ノ

 

DSCN3035
「やっぱり生ビールよね♡』と、乾杯(・ω・)☆

 

DSCN3041
DSCN3045
『富貴苑の食事も美味しいけど、外食もたまにはいいですね♫』

 

★番外編★

『骨まで愛して(`・ω・´)シャキーン』

あら炊き… 最後は骨だけにしちゃいました♡( ゚∀゚)・∵. ハハッ!!

きっと前世は猫…。

DSCN3043  DSCN3050
 

 

南阿蘇農場でレモングラスを収穫しました

2017年8月26日 カテゴリー:みゆきの里健康ファーム

8月24日、南阿蘇圃場でレモングラスを収穫し、旧南阿蘇村河陰体育館跡の作業場にてレモングラスの選別作業に富島会長が参加しました。

IMG_2040
写真:富島会長と南阿蘇農園職員2名と健康ファームの戸渡君

 

収穫したレモングラスは、雑草や枯れた葉を手作業で丁寧に除去し、綺麗な葉の部分だけに選別します。

この日は蜂の巣の駆除を行った翌日のため、蜂の侵入を防ぐため体育館入口を閉め無ければならず、蒸し暑い環境の中、汗だくの作業となりました。

IMG_2046
写真:レモングラスを選別し葉先をカットする富島会長

« 前のページ