• 理念
  • ご挨拶
  • 法人概要
  • お問い合せ
  • アクセスマップ

会長あいさつ

みゆきの里会長 富島三貴 (医療法人博光会 理事長)

 みゆきの里は、熊本市中心部から南へ車で約15分、水と緑が豊かで、空気の清らかな田園地帯に位置しています。
 このような恵まれた環境の中で保健・医療・福祉の各機能の充実を図りながらそれぞれが有機的に連携することで、患者さんやご利用者の皆様の健康生活のベストパートナーとなることを目指しております。
 また、創業以来"健康長寿のまちづくり"にも取り組んでおり、地域住民の皆様の健康の維持・増進を図ることで"命と健康"を支えられるよう日々努めているところです。

 みゆきの里の中核施設である御幸病院は一般をはじめ地域包括ケア、回復期、医療療養、緩和ケアの各病棟を備え 急性期後のあらゆるステージに対応しています。地域の医療機関や介護事業所、そして住民の方々からも頼られ、連携できるような取り組みの強化や治療の質の向上、そして在宅支援に努めています。

 「福祉の原点は在宅にあり」という、創立者の言葉を座右の銘として、これまで様々な取り組みを行ってまいりました。その一環として、平成27年11月には「みゆきの里在宅総合支援センター」を熊本市南区江越に開設いたしました。
 このセンターは、みゆきの里内の5つの在宅系の事業所を一か所に集約し、それぞれの連携を強化することで業務の効率化とサービスの向上を図るものです。必要な情報の素早い共有と、有機的な連携の確立により、ご利用者様お一人お一人に最適な、カスタマイズされたサービスの提供ができるようになりました。
 また、介護施設(ぼたん園・みゆき園)では介護度や医学的管理必要性の高い方の対応を進めており、介護職のスキルアップにも意欲的に取り組んでいます。

 これからも、私どもみゆきの里のスタッフ一人ひとりが「人が人をおもう、人が人をつつむ」というみゆきの里の理念を実践していくことで"健康長寿の里"の実現を図ってまいります。

平成28年6月9日