回復リハ病棟理念 回復リハ病棟とは 回復リハ対象疾患 多職種によるチーム医療 入院の手順 リハビリの様子

御幸病院リハビリ室のページ


 私たちは患者様第一をモットーに、日常生活動作自立を共に
目指し、障害があっても尊厳をもって生活できる最良のリハビリ
テーション医療を提供します


 回復期リハビリテーション病棟とは、病気やけがの発症後、手術の後などに、早期にリハビリテーションを開始し、ADL(日常生活動作)の訓練によって、寝たきり防止・在宅復帰・社会復帰の促進を目的とした病棟です。


 入院の対象となる疾患は脳血管疾患や大腿骨等の骨折、全身麻酔下での手術後などに限られており、またリハビリテーションの効果を高めるために、最低でも発症後(手術後)二ヶ月以内に入院することが定められています。(下図参照)
  さらに、疾患毎に「回復期リハビリテーション病棟に入院している」と認められる期間が限られており、最長でも百八十日間までとなっています。(回復期リハビリテーション病棟での入院期間は、全国平均で約三ヶ月)
疾  患 発症から入院まで 入院期間
@脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症の発症もしくは手術後 2ヶ月以内 150日
 高次機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚椎損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
A大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折もしくは手術後 2ヶ月以内 90日
B外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後 2ヶ月以内 90日
C大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 1ヶ月以内 60日


 回復期リハビリテーション病棟は、特定の状態の方に対して限られた期間内で、生活行為としての活動や生活場面に即したリハビリテーションを集中的に行います。
 そのために、専従の医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士、看護職員、介護職員、その他医療ソーシャルワーカー、栄養士などがチームを組んで、患者様の療養生活を支援致します。


 入院患者様は、初めに一般病棟(南2病棟)に入院していただき、早期にリハビリを開始いたしいたします。その後、より充実したリハビリテーションのサービスを受けていただくために、回復期リハビリテーション病棟の南3病棟へ移動し、入院の目的に応じた適切な医療を受けていただくことになります。


●理学療法
 徒手治療や車椅子操作の練習、立ち上がり動作や歩行の練習など基本動作の自立に向けて実施しております。
●作業療法
 作業療法では、認知症の方に対する治療や上肢の機能動作の獲得、日常生活動作や生活関連動作の自立に向けた治療、訓練を実施しております。
●言語聴覚療法
 言語聴覚療法では、言語訓練を失語症や構音障害の方などに個別に対応して実施しております。
●摂食機能訓練
 歯科医師や看護師、言語聴覚士が一緒になって摂食訓練を行っております。また、当院には栄養サポートチームがあり、栄養面からのサポートを医師、歯科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が一緒になって実施しております。
●移乗動作訓練
 看護師や理学療法士、作業療法士が一緒になって実施しています。
●口腔ケア
 看護師や歯科衛生士が一緒になって、口腔衛生に努めております。必要に応じて、歯科医師による診察も実施しています。
入院時のご注意 緩和ケア病棟 お見舞い・ご面会

このページのトップへ
施設情報エリア 施設情報エリア