医療法人 博光会トップへ

河尻神宮で初詣 (^^)

最終更新日:

平地の雪はすっかり解け、穏やかな陽気に恵まれた1月15日、ぼたん園通所リハビリテーションのご利用者14名で初詣に行ってまいりました。

トイレや水分補給などを済ませてマイクロバスに乗り込み、いざ目指すのは南区八幡の河尻神宮です。「みゆきの里にはこぎゃんふとかバスのあったつな~」「天気んよかなあ」などと談笑しながら約10分であっという間に到着。早速本殿に向かい、参拝を行います。鈴を鳴らし、お賽銭を投げ、二礼二拍手一礼。ちなみに拍手は、邪気払いや神様を呼び出すという意味があるそうですよ。

参拝が終ると、おみくじやお守りのコーナーへ。おみくじは境内の木などに結び付けて帰る人が多いようですが、ご利用者の皆さんは「眩しくて読みにくいので帰ってゆっくり読みたい」と、ほとんどお持ち帰りになられていました。お守りを購入しておられたご利用者は「去年のお守りを持ってきたとよ。返納して、新しいお守りを買うとですよ」とおっしゃっていました。確かにお守りの処分方法は、寺社仏閣にお返しするのが正しい納め方だそうです。勉強になりました!

皆さんそれぞれに初詣を楽しんでおられた様子でなによりでした。今年一年も、ご利用者の皆様が平穏無事でお健やかに過ごせますように。

1
マイクロバスに乗って出発!ぼたん園では15日から4日間にわたって、通所リハビリテーションご利用者の皆さん(ご希望者)を初詣にお連れしました

 

2
「たまにはこぎゃんして出かくっともよかね~」


3
創建1197年(建久8年)の河尻神宮。“若宮(わかみや)さん”の愛称で地域住民に親しまれています


4
今年一年の無病息災を祈っておられるのでしょうか

 

5
祓串でお祓いもしていただきました

 

6
おみくじ、どんなことが書いてありましたか?「持って帰って家内に見せよう」と言ってらっしゃいました。仲良しで羨ましい限りです❤


7
甘酒のお振る舞いをいただきました。「美味しい~」


 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:298)

医療法人博光会

copyright(c) みゆきの里 All Rights Reserved.