社会福祉法人 健成会トップへ

施設長挨拶

最終更新日:
 この度、施設長に就任しました肱岡です。

 和楽は今年で開設14年目を迎えます。この間地域の皆様をはじめ多くのご利用者様に支えられて事業を展開して参りました。
開設時(平成15年7月)全国で唯一の民設民営の老人福祉センターとしてスタートした当施設の基本理念の一つは「予防が何より大事」であり、超高齢化社会を迎えて如何に健康寿命を促進し自分らしい人生を送れるか、そのための最大サポートの追求です。
 和楽のコンセプトは一貫して「身体を動かす」「食を楽しむ」「心を癒す」「感性を磨く」の4点にあり、地域の疾病予防と健康増進に資するための施設として歩んで来ました。
 また今年度から開設しました日常生活支援総合事業として「運動型通所サービス」と前年度より引き続き「みゆきHolistic Life プロモーション事業」を展開して参ります。引き続き「地域の疾病予防と健康増進に資する施設」として鋭意努力して参りますので皆様のご支援ご指導を賜りますようにお願い申し上げます。
 最後に、自然豊かな田園風景に囲まれた、みゆきの里で皆様のご来場を心よりお待ち致しております。
施設長顔写真
ウェルネススクエアー和楽 施設長
肱岡 幹郎

このページに関する
お問い合わせは
(ID:115)

社会福祉法人健成会

copyright(c) みゆきの里 All Rights Reserved.