社会福祉法人 健成会トップへ

2019年養生食教室「第5回消化力を高める食」

最終更新日:
 

養生食教室を開催。~消化力を高める食~

平成31年2月21日にMHLPフォローアップ講座として養生食教室が幸田公民館で行われました。今回はシリーズ5回目、「消化力を高める食」です。講師はウェルネススクエア和楽の料理長東島が担当いたしました。

 

参加者料理長説明田邊科長
今回は、MHLP卒業生6名の方が参加されました。消化を助ける酵素と酵素を含む食材について受講生に説明をする東島料理長。

消化力を高めるというのは心を綺麗にするということ。

食材・作り手・その場への感謝が大事であると説明する御幸病院栄養科田邊科長。


調理中食事中料理
チキンステーキと添え野菜はオリーブオイルをひいて鶏肉は皮面から先に焼き、空いたスペースでミニトマトとズッキーニを焼きます。茶粥は冷蔵庫の残り野菜を細かく切って薬草茶で煮る。柔らかくなったら、ご飯を入れて仕上げにごま油1~2滴で出来上がり!お楽しみの試食の時間。季節の野菜を自分の体質に合わせて選び調理する楽しさ、MHLP卒業生との近況報告含め、楽しいひと時になりました。

今回の献立

1.粥 

2.山芋短冊の酢の物

3.チキンステーキと添え野菜

4.甘酒きなこアイス


第5回講座を終えて参加された方の感想として、「ここで学んだ料理をお友達と一緒に作りたい」「MHLP受講生以外の方も講座を受けたい友達がいる」などのお声をいただきました。講座を受講された方々が様々な場面で学んだことを伝え、広めていただければ幸いです。

 

消化を助ける酵素と酵素を含む食材

 プロテアーゼの多い食品(タンパク質分解酵素)

 麹、納豆、塩辛、パイナップル、パパイア、いちじく。キウイ、プルーン、りんご、ゴーヤ、メロン、玉ねぎなど

 

 アミラーゼの多い食品(でんぷん分解酵素)

 大根、キャベツ、山芋、かぶ、バナナ、生姜、キウイ、パプリカ、梨など

 

 リパーゼの多い食品(脂肪分解酵素)

 納豆、味噌、漬物、甘酒、チーズ、アボカド、イチゴ、オレンジ、スイカ、グレープフルーツ、大根、人参、ほうれん草、セロリ、トマトなど

 

 ※酵素は熱を加えると死活します。これらの食材を非加熱で活用するか生食で食べるようにしましょう!

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:580)

社会福祉法人健成会

copyright(c) みゆきの里 All Rights Reserved.