医療法人博光会  御幸病院トップ

栄養管理科(いのちを支えるスープ)

最終更新日:
 

いのちを支えるスープ

 

山本総料理長からのメッセージ

山本料理長
辰巳芳子さんのスープは、8年間に及んだお父様への介護の中で培ったもの。嚥下障害のあるお父様のため、季節の新鮮・無農薬野菜をスープとしてさまざまなスープを病院に届けられた。(コンソメ・ポタージュ・トマトスープ・味噌汁など)
お父様もおいしそうに口に含み、じっくり味わい、笑顔で応えてくれた。
最後の時まで食事は支えになると書かれている。鎌倉の自宅でスープ教室を始め20数年。
一般の方だけではなく、医療関係、特に緩和ケア病棟・老人福祉施設・保育園などの児童福祉施設の方々も多く学ばれ、当院の栄養士・調理師も参加し、平成20年10月より毎週献立に組み込まれ、年間30数種の辰巳先生のレシピをもとに季節の素材を使ったスープを提供しています。

野菜の旨味を充分に引き出すためには、一品ずつ、切り方・大きさ・厚み・形それぞれ均一に切り揃える。火力も中火以下で、鍋ふたをしながらじっくりと蒸らし炒めの手法で作る。
鍋ふたについた水滴を旨味が詰まっているので鍋の中にと、愛情と心を込め丁寧に作り上げていく。心と愛情のこもった料理は伝わるものがある。
目には見えないが、まごころを込めて作り続けます。
 
 

今月のいのちを支えるスープ

御幸病院では料理研究家辰巳芳子先生の「いのちを支えるスープ」を週に一度、患者様にお召し上がりいただいております。

辰巳先生のスープは、季節に応じた食材を選び、素材を5mや1cmに揃えて切り、蒸らし炒めという手法を使って栄養素が残りやすいスープが特徴です。

「主体はいのち。いのちを守るため、いのちを丁寧にいきるため、人間の限界を知り、自然の法則を知り、風土とともに生きてほしい」との辰巳先生のメッセージが込められています。

具体的に、提供しているスープの種類は40~50種類あります。

1.患者様の長い療養生活の中で、食の楽しみとなるもの

2.旬の食材を使用し、自然治癒力を高め、疾病治癒の一翼を担うもの

3.薬食同源(食事はおくすり)といわれるように各素材が持つ栄養の効能を最大限に高め、作り手が集中し、

   心を込めて調理を行い、機能的栄養だけではなく、食べる人の心の栄養につながるもの

を目的として「いのちを支えるスープ」の提供を行っています。

 

毎週提供している「いのちを支えるスープ」をご紹介してまいります。

 

 

 

 

すずきのお椀
「すずきのお椀」
 
冬の鰤に対して、すずきは初夏が旬の魚。一番だしに調味し、すずきを盛ったお椀に張る。
 
提供日:2019年7月19日
  

 

南瓜のポタージュ
「南瓜のポタージュ」
7月~8月に収穫される南瓜。玉ねぎ、ねぎ、オリーブ油を入れ蒸らし炒め、甘味臭がしてきたら、南瓜、トマトを順に加え野菜につやが帯びるまで炒め続けブイヨンで柔らかくなるまで煮る。ミキサーにかけたあと、南瓜の皮を細く切り、油で揚げて浮き身にしてできあがり。
 
提供日:2019年7月9日
  

 

ニンニクのスープ写真
「ニンニクのスープ」
 
ソパ・デ・アホ(ニンニクのスープを指す)は滋養強壮のスープとなる。
車麩をにんにく、オリーブ油でしっかり炒りつけて鶏のブイヨンでひたひたと煮たらできあがり。
 
提供日:2019年7月3日
 


ポタージュボンファームの写真
「ポタージュ・ボン・ファーム」
 
ボン・ファムとはフランス語で「よい女性」という意味である。
野菜を等分に切ることが味の基本となっている。心を平淡にたもち、同じリズムでとんとん・・・と。日本にはポタージュ・ピュレの歴史がないが赤子の時から息絶えるまで人生のあらゆる局面を受け止め力づけ、癒す食べものであり、離乳食、野菜嫌いな子ども、学校・病院・職場のすべての給食、高齢者向け配食としてふさわしい。
 
提供日:2019年6月28日
 

 
揚げなすの味噌汁
「揚げ茄子の味噌汁」
 
直径三センチどまりの茄子をまるごと揚げる。また、長茄子の地方も揚げ鍋の寸法に合わせて切ればこの椀にはまことに都合が良い。揚げ茄子の汁がなぜうまいかというと、なすのあくが油を解消するからなすのうまみが生きる。八丁味噌で作成する。
 
提供日:2019年6月20日(木曜日)
 

 

ポルトガルスープ
「ポルトガル風人参のポタージュ」
 
お米を使っているので、ポルトガル風と呼びます。トマトを用いることで人参の癖が抜けて、食べやすいスープに仕上がっています。
 
提供日:2019年6月13日(水曜日)
 
【 序章 】~スープ考案者、辰巳芳子先生の言葉から抜粋~
「玉ねぎは、毛細血管を広げる成分を持っている。幸い新玉葱は、梅雨前に収穫し、乾かす。私を梅雨時に召し上がれと言ってくれているように感じる。体の代謝機能が低下する時節を労せず、作りやすく、食べよい玉葱スープで元気にしのぎたい。」    
 
新玉葱と大麦のスープ
「新玉葱と大麦のスープ」
 
玉ねぎを煮る時、大麦を入れると最も美味になる。理由は、大麦が玉葱とスープの仲介役をするから。大麦は汁に粘りを出さず、さらっとして、穀類のうまみを汁に添えてくれる。特に夏季は、ビタミン補給となる。
みゆきの里の大麦は、九州産を使用している。

 

提供日:2019年6月4日(火曜日)

 

 

 

 

 

 

  

ミネストローネのスープ

「ミネストローネ」

 

素材は玉ねぎ、人参、じゃがいも、セロリ、トマト、キャベツ、インゲン豆。

具材をざっと炒めず、一つ一つの具材を七分通りまで蒸らし炒めして、のちにスープを加える。この手法ゆえに、人参の香りがじゃがいもに移らず、野菜のアクで汁が酸味を帯びるなどのマイナスな面が現れない。完全に切込み、完全に蒸らし炒めすれば味は自ずから備わり、滋養のスープとなる。

 

提供日:2019年5月31日(金曜日)

 

 

 

 

 

 

クレソンのポタージュ
「クレソンのポタージュ」
 
クレソンはフランス語、日本名はオランダからし(みずからし)じゃがいもの優しさで包んだポタージュ・クレソネルがクレソンをたっぷり軸の力まで取り込んで、バランスが良い。
ビタミンたっぷりの葉先を別に調理し、仕上げる前に加えることで有効成分を壊すことなく、摂ることができるのです。
 
提供日:2019年4月26日(金曜日)
 
 
 
 
 
  
絹さやのスープ
「絹さやえんどう豆のけんちん汁」
 
絹さやえんどうは、調理前に水に浸して元気を取り戻させてから手をつけると美味となる。薬味類も同じで、使う前の日に水に浸しておき茹でると葉もピンと生き返る。
提供日:2019年4月18日(木曜日)
 
 
 
 
 
 
  
 
 
セロリのポタージュ
「セロリのポタージュ(ポタージュ・リエ)」
 
真っ白でセロリの香り高いポタージュは、それだけでも好ましいが白身魚を酒蒸しにし、一緒にミキシングすればさらに栄養上もバランスがとれる。
最後にパセリのクロロフィル(青汁)少々を落としてすすめるが美味なものである。
 提供日:2019年4月9日(火曜日)
 
 
 
 
 
  
 
 
鶏のすっぽん仕立て
「鶏のすっぽん仕立て(肉の和風汁)」
 
すっぽん仕立てとは、すっぽん料理に生姜や日本酒を用いるが定石ゆえに露生姜や酒をしのばせた汁をすっぽん仕立てと呼ばれる。
これは、出汁をひかずとも満足感の得られる一品。鶏肉は必ずレモンを入れた湯で湯引きし鶏臭を除き冷水で洗う。白髪ねぎの天盛りが食欲をそそっている。
 提供日:2019年4月3日(水曜日)
 
 
 
 
  
 
 
春野菜のスープ
「春野菜のスープ」
 
春野菜のスープは、キャベツ・ポワロ・じゃがいも・セロリ・人参・さやえんどう・ベーコンが入っており、フランス風のミネストローネになります。
ポワロは西洋ネギで日本ネギよりマイルドで食べやすく、ビタミン・ミネラルが豊富で疲労回復や高血圧予防に役立ちます。
 
提供日:2019年3月29日(金曜日)
 
 
 
 
 
  
 
青菜のポタージュ
「青菜のポタージュ」
 
小松菜に含まれるカルシウムはほうれん草の約5倍です!!
骨粗鬆症の抑制やイライラ防止に役立ちます。さらに貧血防止に効果のある鉄分や腸内をきれいにする食物繊維も多く、小松菜は野菜の優等生です。
提供日:2019年3月20日(水曜日)
 
 
 
 
 
  
 
 
 
ガルシア風スープ
「ガルシア風スープ」
 
ガルシア風スープとはスペイン料理をアレンジしたスープになります。
白いんげんはミネラルと食物繊維が豊富に含まれ整腸作用や高血圧予防効果があります。
また、ビタミンB群の豊富な豚肉と合わせると疲労回復の効果がありスープ料理が効果的でおすすめです。
 
提供日:2019年3月13日(水曜日)
 
 
 
 
 
  
よもぎ麩と独活の味噌汁
「よもぎ麩と独活の味噌汁」
 
独活には新陳代謝を高めて疲労回復の効果があります。
よもぎは便秘解消や貧血予防になります。
 
提供日:2019年3月5日(火曜日)
 
 
 
 
 
 
 
  
 
雑穀のスープ
「雑穀のスープ」
 
食すにあたって、雑穀の栄養的には優秀ですが、昔ながらの米に混ぜて炊くのでは、ひなた臭さや渋みといったくせが収まりません。ここでは、オリーブ油を使うことでそのくせを解消しています。
 
提供日:2019年2月26日(火曜日)
 
 
 
 
 
 
 
  
カリフラワーのポタージュ
「カリフラワーのポタージュ」
 
旬のカリフラワーを使って、ポタージュにしています。カリフラワーが新鮮であればビタミンCを失わないように茹でずに生のまま使います。
 
提供日:2019年2月14日(木曜日)
 
 
 
 
 
 
 
 
  
ポルトガル風人参のポタージュ
「ポルトガル風人参のポタージュ」
 
お米を使っているので、ポルトガル風と呼びます。トマトを用いることで人参くせが抜けて、食べやすいスープに仕上がっています。
 
提供日:2019年2月6日(水曜日)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 


 

 














 

 

 

 


 

 

 

 

 









このページに関する
お問い合わせは
(ID:90)

医療法人博光会御幸病院

〒861-4172 熊本市南区御幸笛田6丁目7-40

copyright(c) みゆきの里 All Rights Reserved.