医療法人博光会  御幸病院トップ

栄養管理科(いのちを支えるスープ)

最終更新日:
 

いのちを支えるスープ

 

山本料理長からのメッセージ

山本料理長
辰巳芳子さんのスープは、8年間に及んだお父様への介護の中で培ったもの。嚥下障害のあるお父様のため、季節の新鮮・無農薬野菜をスープとしてさまざまなスープを病院に届けられた。(コンソメ・ポタージュ・トマトスープ・味噌汁など)
お父様もおいしそうに口に含み、じっくり味わい、笑顔で応えてくれた。
最後の時まで食事は支えになると書かれている。鎌倉の自宅でスープ教室を始め20数年。
一般の方だけではなく、医療関係、特に緩和ケア病棟・老人福祉施設・保育園などの児童福祉施設の方々も多く学ばれ、当院の栄養士・調理師も参加し、平成20年10月より毎週献立に組み込まれ、年間30数種の辰巳先生のレシピをもとに季節の素材を使ったスープを提供しています。

野菜の旨味を充分に引き出すためには、一品ずつ、切り方・大きさ・厚み・形それぞれ均一に切り揃える。火力も中火以下で、鍋ふたをしながらじっくりと蒸らし炒めの手法で作る。
鍋ふたについた水滴を旨味が詰まっているので鍋の中にと、愛情と心を込め丁寧に作り上げていく。心と愛情のこもった料理は伝わるものがある。
目には見えないが、まごころを込めて作り続けます。
 
 

今月のいのちを支えるスープ

御幸病院では料理研究家辰巳芳子先生の「いのちを支えるスープ」を週に一度、患者様にお召し上がりいただいております。

辰巳先生のスープは、季節に応じた食材を選び、素材を5mや1cmに揃えて切り、蒸らし炒めという手法を使って栄養素が残りやすいスープが特徴です。

「主体はいのち。いのちを守るため、いのちを丁寧にいきるため、人間の限界を知り、自然の法則を知り、風土とともに生きてほしい」との辰巳先生のメッセージが込められています。

具体的に、提供しているスープの種類は40~50種類あります。

1.患者様の長い療養生活の中で、食の楽しみとなるもの

2.旬の食材を使用し、自然治癒力を高め、疾病治癒の一翼を担うもの

3.薬食同源(食事はおくすり)といわれるように各素材が持つ栄養の効能を最大限に高め、作り手が集中し、

   心を込めて調理を行い、機能的栄養だけではなく、食べる人の心の栄養につながるもの

を目的として「いのちを支えるスープ」の提供を行っています。

 

毎週提供している「いのちを支えるスープ」をご紹介してまいります。

日本ねぎのスープポタージュ

里芋入り日本葱のスープ(提供日2018年11月8日)

ポタージュ・ボン・ファム(提供日2018年11月16日)

ミネストローネ鯛のお椀

ミネストローネ(提供日2018年11月20日)

鯛のお椀 (提供日2018年11月28日)

こかぶのポタージュ鶏のすっぽん仕立て

小かぶのポタージュ(提供日2018年12月8日)

鶏のすっぽん仕立て(提供日2018年12月12日)


団子汁鱈のブイヤベース

団子汁(提供日2018年12月20日)

鱈のブイヤベース(提供日2018年12月25日)


にんにくのスープ根菜のけんちん汁

にんにくのスープ(提供日:2019年1月8日)

根菜のけんちん汁(提供日:2019年1月17日)









このページに関する
お問い合わせは
(ID:90)

医療法人博光会御幸病院

〒861-4172 熊本市南区御幸笛田6丁目7-40

copyright(c) みゆきの里 All Rights Reserved.