みゆきの里とは

最終更新日:

 

御幸病院開設時
“健康長寿のまちづくり”という大きな夢は、

目の前の壁を乗り越えようとする

小さなチャレンジの積み重ねで、

つくりあげられていく。

昭和57年(1982年)、熊本市の南にひろがるのどかな田園風景のなかに、1棟の病院が誕生しました。

まちの名は、御幸(みゆき)。そして病院の名は、御幸病院。

「しあわせ」の一字を名前に刻んだその病院は、やがてひとつの夢を持つようになります。

それが、「健康長寿のまちづくり」。

年齢を重ねても、元気に、生きがいを持って、住み慣れた地域で暮らし続けたい。

多くの人が持つこの願いを、本気で応援したいと決意したのです。

 

以来、私たちは医療と福祉をとりまくあらゆる「壁」を取り払い続けてきました。
田園風景
全国にさきがけた一体型の施設をめざし、病院(御幸病院)のまわりに、

老人ホーム(富貴苑、みゆき園)、老人保健施設(ぼたん園)、ケアハウス(ピオニーガーデン)

など、さまざまなニーズに応えうる高齢者福祉施設をひとつひとつ増やしていきました。

 

みゆきの里創業者初代会長は、「福祉の原点は在宅にあり」という創業の理念を掲げました。

それまでの高齢者福祉施設は、寝たきりの方であふれていました。

当時の業界に横たわっていたのは、「それが当たり前」という固定観念、

「自宅にはもう帰れない」というあきらめの壁…。しかし私たちは知っていたのです。

本当は誰もが、自分の家に帰りたい。自分の家で暮らしたいのだと。

 

この願いを本気でサポートするために、私たちは職種の壁も取り払いました。

医師、看護師、介護士、セラピスト、ケースワーカーといった、それぞれの道のプロたちが、

ひとつの目標、一人の患者さんのために集まり、連携する仕組みと風土を育ててきたのです。

 

さらには、西洋医学と東洋医学の壁、地域との壁さえも、「みゆきの里」にはもう存在しません。

もちろん医療や福祉の現場は、それでもまだ、日常的にさまざまな壁に直面しているでしょう。

でも「みゆきの里」のスタッフたちは、簡単にあきらめることはありません。いや、あきらめる必要がないのです。

ここで働く全員が、その壁の向こうに、「健康長寿のまちづくり」という夢と、

患者さんや利用者さんの輝くような笑顔があることを知っているのですから。

家であること。

家族でいること。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:179)

保健・医療・福祉が有機的に連携した
みゆきの里

copyright(c) みゆきの里 All Rights Reserved.