LTAC心不全センター

最終更新日:
 

LTAC心不全センター開設のご案内

平成29年4月1日 LTAC心不全センターを開設しました。
心不全の患者様を多職種からなる心不全ケア専門チームで診察・治療いたします。
 

心不全とは

LTAC心不全センター画像2
  • 心不全とは心臓病により、心臓の機能に異常がある状態のことです。
  • 心不全には心筋梗塞や心臓弁膜症などが含まれ、高血圧、糖尿病、高コレステロール症、喫煙、加齢等がその原因となります。
  • 心不全患者は近年、急速に増加しています。

 ※LTACとはLong-Term Acute Care 略で、長期にわたる専門的治療のことです。
高度急性期病院と診療所・介護施設・在宅との間を取り持つ重要な役割を担います。
LTAC心不全センター画像3
LTAC心不全センターの入り口合同カンファレンス
LTAC心不全センターで診療中の肥後先生合同カンファレンス
 

LTAC心不全センター開設にあたって

 

担当医より

人口の高齢化により、心不全の患者さんは増加傾向にあり、急性期治療はもとより、亜急性期から慢性期の管理の重要性が指摘されています。
この度、急性期病院とかかりつけ医の橋渡しと心不全の慢性期管理の向上を目指したLTAC心不全センターを開設することにいたしました。LTACとはLong-Term Acute Careの略ですが、このセンターでは多職種からなる心不全の専門チームにより、長期にわたって心不全の専門的ケアを行います。
心不全は増悪と軽快を繰り返すたびに心機能障害が進行し、再入院の回数が増えるにつれて、ADL(日常生活動作) 低下と合併症の増加を招きます。
私達はこの悪循環を抑え、急性期病院やその連携病院・診療所の円滑な診療に貢献できるよう心不全ケア専門チームで対応いたします。
皆様の御理解と御指導・御鞭撻を賜われば誠に幸いに存じます。
病院長兼LTAC心不全センター長写真

平成29年4月1日就任

病院長兼LTAC心不全センター長

西上 和宏(ニシガミ カズヒロ)
専門分野 循環器内科、心血管エコー、血管疾患
専門・認定医 日本循環器学会・専門医
日本超音波医学会・指導医
日本内科学会・認定医
日本脈管学会・脈管専門医
日本集中治療医学会・集中治療専門医


 

推薦の言葉

わが国では心不全の罹患率は増加の一途をたどっており、来るべき「心不全パンデミック(パンデミック;大流行)」に対する早急な医療体制の整備が求められています。このたびのLTAC心不全センターの開設は、急性期病院とかかりつけ医や地域社会の橋渡しとしてシームレス(切れ目のない)な医療を実現する医療体制の構築を実現できるという点で大きな意味があると同時に、LTAC心不全センターを経由することで、多職種からなる心不全専門チームによる患者さんへの全人的、包括的な介入を追加することで、より高いQOL(生活の質)での地域社会への復帰と再入院率の減少を実現するための切り札となることが期待されます。また、急性期病院から地域のかかりつけ医療機関への一方通行の経由地としてではなく、急性期病院、かかりつけ医療機関両方との双方向性の連携、かつ並行した管理を行うことで、地域全体で心不全患者さんを支援する体制を整え、地域全体を心不全治療管理ケアセンターと発展させていく可能性を有していると思われます。
今回のLTAC心不全センターの開設は、わが国の心不全診療体制において先進的かつ画期的な取り組みであり、大いにその役割に期待したいと考えます。

肥後 太基

九州大学医学研究院循環器内科学

肥後 太基

 
 

What’s?「まずはここから!Point-of-Care 超音波」

著書を手にする西上和宏先生
著書を手にする西上和宏先生
~御幸病院外来診察室にて~
近年、救急・集中治療分野を中心に注目を集める 「Point-of-Care」
超音波 著者西上先生に著書の特徴について語ってもらいました。

【西上先生のお話】
技術の進歩により、超音波装置の性能が格段に向上し、臨床の現場で広く役立てることの必要性が世界的に認識されてきています。
本書では臨床の最前線で多く出会う状況を中心に「Point-of-Care」超音波をわかりやすく紹介しています。
「Point-of-Care」超音波を身につければ、臨床の現場で役に立つことは間違いないと確信します。
今回設置するLTAC心不全センターのスタッフにも大いに活用してもらいたいと思っています。

  

ご相談や受診日ご予約は

御幸病院外来受付 TEL:096-378-1166まで

初めて受診される場合、紹介状の有無は問いませんが、紹介状をお持ちの場合、診療をよりスムーズに進めることができます。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:189)

保健・医療・福祉が有機的に連携した
みゆきの里

copyright(c) みゆきの里 All Rights Reserved.