統合医療

最終更新日:
 

統合医療とは

私達の身の回りで、通常行われている医療の良いところと、元来身体が持っている自然治癒力を高める東洋医学の良いところを合わせて、人間の心身全体を癒す医療です。

 

みゆきの里で行っている統合医療

 

鍼灸治療室

統合医療1
御幸病院外来では、長尾名誉院長による鍼及び漢方治療を、週3日行っています。
専用の鍼灸治療室では、明るく落ち着いた雰囲気とBGM、アロマの香りの中で、リラックスして鍼治療を受けられます。

アロマセラピー

統合医療2
御幸病院看護部の「癒しアセンブリー」参加職員による、手作りのアロマエッセンスが院内各所に置かれており、常にフレッシュな香りを提供しています。
御幸病院を含むみゆきの里には、独自のアロマ認定資格制度もあります。
 
 

点滴療法

統合医療3
御幸病院では西洋医学とともに代替統合医療を取り入れ、患者様のQOL(生活の質)向上に努めております。点滴療法も代替統合医療の一つでビタミンやミネラル、グルタチオンなどの有効成分を点滴で投与する治療法です。直接体内に投与できるため、内服薬やサプリメントを経口摂取するのに比べ、吸収率が良いので効果が高く、即効性があると考えられています。
  

食の取り組み

統合医療4
みゆきの里各施設の栄養課では、料理研究家・辰巳芳子先生の「命のスープ」を学び、患者様・ご利用者に提供しています。
その他に、御幸病院の薬膳メニュー、ぼたん園の健脳食、田園キッチンのマクロビオティックなどの取り組みもあります。
 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:191)

保健・医療・福祉が有機的に連携した
みゆきの里

copyright(c) みゆきの里 All Rights Reserved.