ぼたん園にナイストライの中学生が来訪!

最終更新日:

7月10日から12日までの3日間、熊本市立託麻中学校2年生の生徒さんたちが、ぼたん園へナイストライ(職場体験学習)に来てくれました。

 

1日目は、ボランティア慰問の見学や車椅子を実際に乗って動かしてみる自操体験、2日目はシーツ交換などの体験、3日目は認知機能テストのひとつである長谷川式スケールにチャンレンジしたり、口腔ケアやオムツ交換の方法を学んだりするなど、様々なことにチャレンジしてもらいました。初日はやや緊張気味に見えた生徒さんたちでしたが、職員やご利用者と触れ合う中でだんだんリラックスしてくれたのか、毎日笑顔で一生懸命に取り組む姿がとても印象的でした。

 

最終日に、この3日間どうでしたか?と生徒さんたちに話を聞いてみたところ、

「母が介護福祉士なので、母の仕事を自分も体験してみたかった。大変な仕事だと感じますが、母もこんな風に毎日笑顔で頑張っているんだろうなあと思いました」

「最初はどう話しかけたらいいか分からなかったけど、ご利用者の方が話しかけて下ったので話しやすかったです」

「僕たちの“若さ”で刺激を感じてもらえたらいいなと思っていたけど、コミュニケーションを取るうちに僕の方が刺激を受けました。通所リハで会話したご利用者さんに『努力をした人が勝つし、強くなれるよ』と言われたことが印象に残りました」

などの感想を教えてくれました。3日間の体験で、こんなにいろんなことを学んだり感じたりしてくれたんだなあと思うと…なんだか感動してしまいました。

 

素直で元気あふれる皆にぼたん園一同、パワーをもらいました。これからも勉強や部活、そして様々な体験を通して素晴らしい大人になってください。応援しています(^_^)

1
                 さすが中学生!ラジオ体操がとても上手です
2
3

昔懐かしい手遊びを一緒に



4

               3日間、お疲れ様でした。また、ぼたん園に遊びに来てくださいね♪



 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:421)

保健・医療・福祉が有機的に連携した
みゆきの里

copyright(c) みゆきの里 All Rights Reserved.