ぼたん園で敬老会を開催しました

最終更新日:

今年の敬老の日は9月17日でした。秋晴れに恵まれた心地よい一日、皆様はどんなひとときを過ごされたでしょうか。その翌日となる9月18日、ぼたん園でもご利用者のご長寿を祝う敬老会を開きました。

 

敬老会は、第1部の表彰式と第2部のイベントに分けて開催。各フロアのご入居者が会場となる1階通所フロアに集合されると、喜寿、米寿、卒寿、白寿、100歳以上を迎える皆さんがご自分の名前が掲げられた壇上に上がられました。今年の該当者は、ご入所者21名、通所のご利用者21名の計42名。最高齢は103歳のIさんです。

 

ここでちょっと豆知識を。100歳以上の祝い歳は、100歳が百寿(ひゃくじゅ)、108歳は茶寿(ちゃじゅ)、111歳は皇寿(こうじゅ)、119歳は頑寿(がんじゅ)、120歳が大還暦(だいかんれき)というそうです。ぜひ大還暦を目指していただきたいですね!

 

準備が整うといよいよ敬老会のスタートです。まずは、山下施設長が「我々の目的は皆様に毎日を楽しくお過ごしいただくためのお手伝いをすることです。これからもますますお元気にお過ごしください」と祝辞を述べました。

 

続く授賞式では、橋口副施設長が各受賞者に表彰状と記念品を贈呈。受賞者の皆様は大きな拍手に包まれながら嬉しそうに賞状を受け取られ、ご入居者と通所ご利用者それぞれの代表者が受賞者代表挨拶を述べられました。100歳を迎えるSさんは「長生きの秘訣は何もなかです。食べ物は何でも好きです」、77歳のKさんは「これからもぼたん園の皆さんと一緒に頑張ってまいります」と元気な声でご挨拶されました。

 

第2部は、日舞のステージをお楽しみいただきました。日頃からボランティア活動でお世話になっている藤間珠扇会(ふじまじゅせんかい)の皆さんによる華やかな衣装と舞いに、会場は思わずうっとり。ラストは全員で炭坑節を歌って笑って賑やかに!

 

敬老会終了後は各フロアで誕生会も開催し、お祝いムードに包まれた一日となりました。本当におめでとうございました。また来年も皆一緒に賑やかにお祝いできますように.。

1

                 「戦後日本の発展と復興を支えてくださったおかげで今の社会制度や

                  医療環境があります。今日はそんな皆様の功績を讃える日です」と

                  司会の田中介護福祉士

2

                おめでとうございます。どうぞこれからもお元気で

3

                藤間球扇会の皆さん。10曲をご披露され、敬老会に

                華を添えてくださいました


このページに関する
お問い合わせは
(ID:447)

保健・医療・福祉が有機的に連携した
みゆきの里

copyright(c) みゆきの里 All Rights Reserved.