みゆきの里健康経営宣言!

最終更新日:
みゆきの里

みゆきの里 健康経営宣言

創業以来今日まで、私たちは企業理念として保健・医療・福祉の有機的な連携のもと地域住民の皆様の健康の維持・増進を図ることで"命と健康"を支えられるよう"健康長寿のまちづくり"に取り組んでまいりました。
この実現のためには、職員一人ひとりが自らの能力を最大限に発揮するとともに職員一人ひとりが心身ともに健康で、いきいきと仕事に取り組める職場づくりが大切です。
そして、何より職員自らが、全人的健康観(Body Mind Spirit)に基づき、自分自身とその家族の健康維持・増進に努めることで、仕事と仕事以外の生活の充実を図ることが重要です。
これまで以上に地域と職員の健康づくりを推進していくために、ここに医療法人博光会として「健康経営宣言」を行います。

みゆきの里会長 (医療法人 博光会 理事長) 富島三貴

 
 

健康経営のための体制

健康経営会議を設置し、労働安全衛生委員会と連携して、職員の健康増進とそれにつながる職場環境の向上に取り組んでまいります。

健康経営会議の議長は当法人の理事長とし、各部門から委員を選出することで、健康経営への取り組みが法人内の隅々にまで浸透する体制としています。
また、これまで取り組んできた健康まちづくりのノウハウ(MHLP等)の活用や健康に関する研修などを通じて職員一人ひとりの健康に対する考えや思いを集め、健康経営推進施策に反映させていくこととします。

 

 
みゆきの里健康経営組織体制図
 
 

健康経営の『めざす姿』

『みゆきの里ビジョンの達成に向けて生きがいをもって、いきいきと働ける職場となる』

全人的健康観について職員が認識し、実践できている。

職員の健康に関する支援体制が整い、職員の健康維持・増進に貢献できている。

職員相互の信頼関係があり、働き甲斐のある職場となっている。

全人的に健康な職員が地域の健康づくりに貢献することで、自身の喜びとなり、より健康となっている。

 

~みゆきの里「ビジョン」~

    保健・医療・福祉の専門性を強化して、地域とともに未来へ繋げるコミュニティヘルスの拠点となります。
  シームレスな連携と機能強化で在宅復帰と健康生活の支援を行います。
  全人的な健康観に立ち、ご利用者のニーズに応じた治療・ケアを選択・結合し、生活の質を高めます。
  職員はお互い尊重し思いやりをもって協働し、温かく活気ある職場風土は他のお手本となります。

    グループ全体の経営基盤を確実にし、安定した収益と人材採用・育成制度が構築されています。


 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:643)

保健・医療・福祉が有機的に連携した
みゆきの里

copyright(c) みゆきの里 All Rights Reserved.