総合相談支援センター  受付時間  8:30~17:30 TEL:080-8367-8959

予防・医療・介護・福祉の連携 みゆきの里

Message

トップメッセージ

みゆきの里 理事長 富島 三貴

健康寿命の延伸と
地域との共生・共創

みゆきの里 理事長

富島 三貴MIKI TOMISHIMA

 みゆきの里は、御幸病院開設以来、2022年3月1日で創立40周年を迎えることができました。
創始者富島博前会長は、21世紀に到来するであろう超高齢社会を見据えて、“年をとっても住み慣れた地域で、家族と共に健やかに生きることが何にも勝る幸せ”、という思いを実現するために、1982年に病院を開設しました。その後、2019年(平成元年)に制定されたWAC法(Well Aging Community法)によりモデル地区の指定を受けたことから、「健康長寿のまちづくり」の拠点を目指して病院・介護・福祉施設を同一敷地内に順次整備し、現在は11施設21事業所となりました。

予防・医療・介護・福祉の総合力を発揮して健康生活のベストパートナーになる

予防・医療・介護・福祉の総合力を発揮して健康生活のベストパートナーになる

『予防・医療・介護・福祉の総合力を発揮して健康生活のベストパートナーになる』ことをビジョンに掲げ、職員と共に考え、共に歩み、地域包括ケアシステムの実践に努めているところです。
 近年、熊本においては、熊本地震や集中豪雨災害など自然災害が続きました。加えて世界中を席巻したcovid19感染パンデミックにより、医療・介護・福祉機関はまだまだ困難な時を送っております。里の目指す方向性を共有し、益々結束力を強め職員一同心をひとつに取り組んでいるところです。
このような社会背景や少子高齢化など、時代の潮流を捉えながら、創業以来の“健康長寿のまちづくり”を伸展させるために、地域の医療機関や地域住民の皆様との連携のもと、在宅医療や在宅介護により一層力を入れると共に新たな予防への取り組みも展開していくことにしています。
 これからも、みゆきの里のスタッフ一人ひとりが「人が人をおもう、人が人をつつむ」というみゆきの里が定めたCIスローガンの基、ご利用者の皆様方中心のサービスの提供が出来るよう施設の充実に努めるとともに、職員にとっても働きやすい職場の確立を目指すことで“健康寿命の延伸と地域との共生・共創”に力を尽くす所存です。
今後とも、みゆきの里への皆様の温かいご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。